シフォンケーキ

BLOG

2020.01.31

二十四節気:大寒

皆さんこんにちは。

先日の冷たい雨が嘘のように、昨日はとても暖かい一日でした。

今年は暖冬ですが、季節を24に分けた二十四節気では、1月20日から2月1日頃は大寒です。

昔から、大寒の日には水が凍ってしまい、水が飲めない鶏はその分餌をよく食べることから、

この時期の卵は栄養価がとても高く貴重なものとされてきました。

また、寒さで産卵数が落ちるので、数が少なくその分貴重だったために、

「大寒たまご」という呼び名がついて大切にされてきたそうです。

今でもその名残で、大寒たまごを食べると金運がアップするなど、諸説ありますね。

ここ数日のたまごは確かに黄身のハリもとても強く、メレンゲもいい状態に仕上がっている気がします。(気のせいでしょうか。)

早く暖かくならないかな、と厨房から外を眺めると、杉の木の色が心なしか黄色っぽくなっていました。…春はすぐそこ。鼻がかゆいです。

 

最後まで読んでいただき有難うございました。

週末も、丘の上のシフォンケーキ屋さんでお待ちしています。