CHARCUTERIE

シャルキュトリー

Deliciousness and wisdom to appreciate the life of the forest

シャルキュトリーとはヨーロッパの食肉の智慧。
肉の臭みを取り、旨味を醸成し、そのうえで長く保存する。
日本人にとっての鰹節や干物のような存在です。

はるか昔から長い長い時間をかけて
微に入り細に入り培われたその技術は、
血液から骨髄まで「爪と毛以外はすべて食べる」といわれるほど食材を大事にします。
それでいて、その美味しさはというと
損なわれぬどころかより一層豊かに。
科学がこれほど発達した現在においても
ソーセージが詰められる外皮(ケーシング)には
未だ「腸」が使われていることでもわかるとおり
つまりそれがいちばん「美味しい」ということ。

KURKKU FIELDSのシャルキュトリーでは
木更津の森からもたらされた新鮮な素材を
食肉処理場『ORGANIC BRIDGE』で丁寧に捌き、
場内の畑で採れた野菜やハーブとマリアージュ。
この土地と調和した自然の恵みを
いのちをいただくありがたさを感じながらお召しあがりください。

KURKKU FIELDS CHARCUTERIE / シャルキュトリー

営業時間:9:00〜17:00


猪と野菜のソーセージ 550 円~(100g) ※使われる野菜は季節により変わります
鹿のチョリソ 550 円~(100g 税別)
豚テリーヌカンパーニュ 700 円~(100g 税別)