KURKKUFIELDS クルックフィールズ

ONLINE SHOP

千葉県木更津市

アクセス

チーズのおいしさはミルクのおいしさ

酪農場

KURRKU FIELDS DAIRY

チーズのおいしさはミルクのおいしさ

酪農場
KURRKU FIELDS DAIRY

チーズ作りはミルク作りと分かちがたく一体です。クルックフィールズのカゼイフィーチョ(チーズ工房)は そんな本場ヨーロッパでの「フェルミエ」(酪農をともなった自家製チーズ工房)の あるべき姿をそのまま体現しています。

放牧しているブラウンスイス牛の見学や、子ヤギ・子ヒツジと場内で触れ合うこともできるほか、ヤギのミルクを使ったシェーブルやブルーチーズなど、さまざまなチーズを製造しています。

BACK NEXT
トピック一覧を見る
日々寄り添い
牛のエサやりから
搾乳まで

日々寄り添い
牛のエサやりから
搾乳まで

本場イタリアで磨いた技

日本では数えるほどしか飼育されていない水牛のミルクで作られるモッツァレッラチーズ。濃厚な香りが口の中ではじけるフレッシュさは、まちがいなく日本で唯一といえる鮮烈な味わい。

牛のエサやりから搾乳まで、日々寄り添っているからこそわかるミルクの品質を、本場イタリアで研鑽を積んだチーズ職人・竹島英俊が最大限にひきだしていきます。
季節によって
お届けする
ミルクの味

季節によって
お届けする
ミルクの味

そのおいしさを、
直接届けたい

牛のエサやりから搾乳まで日々寄りそっているからこそわかるミルクの品質。そのおいしさを直接お客様にお届けするため、酪農のスタッフがクルックフィールズ場内で MILK STAND を運営しています。ミルクはもちろん、ソフトクリームやチーズなど、季節によってお届けできる、さまざまなおいしさをお楽しみください。
つくりたての
おいしさを
ご自宅でも

つくりたての
おいしさを
ご自宅でも

オンラインでも
お求めいただけます

本場イタリアで修行を重ねてきたチーズ職人・竹島英俊の代表作。水牛のモッツァレッラチーズが2つと、水牛のリコッタチーズが1つ入ったチーズセットです。水牛のモッツァレッラチーズは新鮮なうちにお召し上がりいただくため、商品到着当日にお召し上がりください。

ご自宅へ最高のチーズ体験をお届けいたします。
チーズ職人の
ひとりごと

チーズ職人の
ひとりごと

HIDETOSHI TAKESHIMA BLOG

チーズ職人・竹島英俊ブログ

自ら国内でも希少な水牛を飼育しながら、牛舎のそばに工房を隣接させることでミルクの鮮度を極限まで高め、本場イタリアと肩を並べるほどのモッツァレッラチーズを作り出す日本屈指のチーズ職人・竹島英俊。本場イタリアで修行を重ねた竹島による日々の思いを寄せたブログをお楽しみください。

blog

農から広がるものがたり
KURKKU FIELDS STORY

農から広がるものがたり

ぼくとにわとり
新たな目を持つことが真の発見の旅

僕にはいわゆる「放浪の旅」みたいなことをしていた時期があり、毎日見る景色を変えることが旅だと思っていました。しかし、新たな目を持つことが真の発見の旅というプルーストの言葉は、旅好きの僕を養鶏場に導いた理由の1つでもあります。

FARM
ぼくとにわとり
新たな目を持つことが真の発見の旅
ある日の KURKKU FIELDS
クルックフィールズの
菜園部

今年始めた菜園部の夏野菜が収穫の時期を迎えました。トマトにピーマンなど、たくさんの苗を植えたので、この夏は野菜には困らないな、と思っていたのですが、よく育ったのは万願寺唐辛子、オクラ、茄子の3種のみ。思ったように収穫できませんでした。

FARM
ある日の KURKKU FIELDS
クルックフィールズの
菜園部
ある日の KURKKU FIELDS
トマトの栽培

今年は、ゴールデンウィークから9月までの長い間トマトが出せるように、作付面積を増やしてハウスと路地で栽培しています。天候の影響でゴールデンウィークには間に合わなかったのですが、7月中旬にハウスのトマトは一番味がのっていると思います。

FARM
ある日の KURKKU FIELDS
トマトの栽培
ある日の KURKKU FIELDS
小麦の収穫

私がクルックフィールズに惹かれた理由のひとつが一次産業に携わることができるということ。小麦の種をまき、収穫し、製粉してパンをつくる。普通のパン屋ではできないことができる環境にとても惹かれました。

FARM
ある日の KURKKU FIELDS
小麦の収穫
ある日の KURKKU FIELDS
クルックフィールズ
スタッフの菜園部が発足!

スタッフ内で「菜園部」が発足。食に携わるスタッフが多かったり、自然との共生や循環に興味関心の強いメンバーがいたりと、「自分で育てた野菜を食べてみたい」と思うようになるのは、自然な流れだったと思います。

FARM
ある日の KURKKU FIELDS
クルックフィールズ
スタッフの菜園部が発足!
ある日の KURKKU FIELDS
果実がたわわに実るように

春の暖かさがやってきて木が成長する前に、木が吸い上げた養分がしっかりと元気な枝に行き渡るように、葉っぱの色や太陽の当たり方、切った枝の断面を見て、剪定をしていくことは、最初のうちはとても時間がかかる作業。

FARM
ある日の KURKKU FIELDS
果実がたわわに実るように