KURKKUFIELDS クルックフィールズ

ONLINE SHOP

千葉県木更津市

アクセス

五感から得られる学びや気づき

クルックフィールズの
教育プログラム

KURKKU FIELDS EDUCATION

五感から得られる学びや気づき

クルックフィールズの
教育プログラム
KURKKU FIELDS EDUCATION

2019年11月に千葉県木更津市に誕生したクルックフィールズでは、持続可能な未来の実現に向けて、一次産業から六次産業を目指して様々な取り組みを行っています。有機農業や自然エネルギーの利用、酪農場から出る動物のフンを堆肥として利用する循環など、私たちのサステナブルな取り組みをみなさんに体験を通じて紹介、自分ごととして考えるきっかけを教育プログラムとして、学生向け、そして企業向けに提供しています。

BACK NEXT
トピック一覧を見る
楽しみながら
巡って学ぶ
プログラム

楽しみながら
巡って学ぶ
プログラム

スタンダードプログラム

まず、クルックフィールズのこだわりや大切にしたい価値観、場内のサステナブルな仕組みについて、ウォークラリー形式で楽しみながら学びます。一次産業の現場から排水を浄化し自然に還す流れまで、広い場内を巡って人と自然の共生についてチームで一緒に考えていきます。そして農業体験では、なぜ有機なのかを実際に畑で解説してもらいながら、収穫や種まき、堆肥作りなど、農業をする上で大切な作業を行います。そのほか、さまざまな専門家を招いたキャリア座談会なども予定しています。
サステナブルな
環境下で
課題を見つける

サステナブルな
環境下で
課題を見つける

アドバンスプログラム

農業、生産と消費、食やフードロス、地域の獣害、水と生物多様性、エネルギーなど、クルックフィールズが実際に抱える環境問題に関する様々なテーマの中から、興味のあるテーマを選んで学んでいくことで、サステナブルな取り組みに対して、より深く向き合ってくことができる実践型のプログラムです。日々の暮らしの中から、自分たちで課題を見出し、考え、解決するための力を身につける探究的な場でもあります。

プログラムのポイント

POINT OF PROGRAM

① 現場から出る声を形に

クルックフィールズのプログラムの講師陣は、実際に農園に従事する生産者や、それぞれ各現場を担当しているスタッフたち。日々、真摯に取り組んでいるからこそ感じる有機農業の魅力や、場内の循環の仕組みを常に考えながら日々を営む管理スタッフから、ダイレクトにプログラムが提供されます。

② 具体的な取り組みを知る

クルックフィールズの取り組みの中で、大切なキーワードは「循環」と「資源」。私たちが現場で実践している、サステナブルに対する具体的な取り組みを通じて循環について知ることができます。さまざまな「資源」を利用することで生まれる、より豊かな「循環」とは。一緒に考えてみましょう。

③ コミュニケーションの活性化

クルックフィールズのプログラムでは 基本的に「班行動」を行ってもらいます。豊かな自然の中で、身体だけではなく五感をフルに使ったプログラムを多数用意しています。ここでは自然と会話が弾みコミュニケーションが活性化していきます。知識や経験だけではなく「記憶」に残る体験です。

モデルスケジュール

基本的に丸1日を通して、持続可能な未来に向けたクルックフィールズの取り組みを体験いただけます。

まず車やバスでクルックフィールズへ到着していただき、広大な敷地を移動します。1日の流れを説明するオリエンテーションを行い班に分かれてプログラムがスタート。昼食では、クルックフィールズが育んだ自然のおいしさを体験できます。午後は収穫などの体験型のプログラムを。その後、1日の中で感じたこと、気づいたことを振り返っていきます。お土産を買ったり記念撮影をする時間もありますので、クルックフィールズを思い切り楽しんでください。

事前学習・事後学習

体験学習での理解をより深めるために、プログラム実施前後に、クルックフィールズの知見や経験を活かした学習のサポートを行っています。

事前学習 ⋯ クルックフィールズの取り組みに関する講話や、SDGs・持続可能な社会についての自習のお手伝いを行うことで当日の理解を深めやすくします。

事後学習⋯ 当日学んだことのをまとめの手助けや、課題を実生活に落とし込むためのサポート、そして各グループが発表するレポートの講評などを行います。

クルックフィールズで体験する
KURKKU FIELDS STORY

クルックフィールズで体験する

よっしーのわくわく生き物探検隊
冬の樹木と野鳥の話

こんにちは。循環の仕組みづくりや果樹を担当している吉田です。

冬は樹木の剪定(せんてい)をする季節。果実やスパイスになる葉など、私たちに恵みを分けてくれる樹木がもっと活き活きするように枝を切る作業を剪定といいます。

剪定作業をしていると、バッタやトカゲが木の枝に刺さっていることがよくあります。

EXPERIENCE
よっしーのわくわく生き物探検隊
冬の樹木と野鳥の話
クルックフィールズの楽しみ方
どんな本があるの? 前編

こんにちは。 地中図書館のご案内を担当している山名隆也です。これまでに地中図書館に来られた方も、まだ来られていない方も「地中図書館にはどんな本があるの?」という疑問をお持ちのはず。

今回はそのことについて、私の一推しの「棚」たちと合わせてご紹介したいと思います。

EXPERIENCE
クルックフィールズの楽しみ方
どんな本があるの? 前編
クルックフィールズの楽しみ方
焚き「火」の話

こんにちは。地中図書館のご案内を担当している山名隆也です。

寒さも一段と激しくなり、暖房や温かい食べ物が欠かせない、という方も多いのではないでしょうか?

私の出身地である鳥取県は降雪も多く、小学生の時は「エアコンや電気ストーブなど、便利な機械に囲まれて生活していても寒いのに、これらが無かった昔の人々はもっと寒い思いをしていたのだろうか?」などと考えていたものです。

EXPERIENCE
クルックフィールズの楽しみ方
焚き「火」の話
KURKKU FIELDS REPORT
KURKKU FIELDS 体験レポート(開智望小学校)

茨城県から、開智望小学校の3年生の皆さんがKURKKU FIELDSに来てくれました。

今回実施したのは、環境に優しい農業のあり方や生産者の思いを学ぶ3日間のオリジナルプログラムです。

FARMSUSTAINABILITYEXPERIENCE
KURKKU FIELDS REPORT
KURKKU FIELDS 体験レポート(開智望小学校)
よっしーのわくわく生き物探検隊
農場にカブトムシがやってきた!

こんにちは!循環の仕組みづくり、環境保全担当のよっしーです。

クルックフィールズの中にある森には、実にたくさんの動植物が生息しています。

春から秋にかけては、クワガタムシやタマムシ、ヘビやカエルなど様々な生物が姿を現し、生命の豊かな営みを感じることができます。

EXPERIENCE
よっしーのわくわく生き物探検隊
農場にカブトムシがやってきた!
クルックフィールズの楽しみ方
KURKKU FIELDS 夜散歩

こんにちは。山名隆也です。

冬至まであと数週間となり、日が沈んでからの時間が段々と長くなってきました。17時ごろには空は真っ暗で、私のいる地中図書館も夜の姿へと変わります。

暗闇の中で本棚だけがぼんやりと照らされ、太陽の力を感じられる日中とは別の趣があるので、是非どちらの姿も見ていただきたいです。

EXPERIENCE
クルックフィールズの楽しみ方
KURKKU FIELDS 夜散歩