KURKKUFIELDS クルックフィールズ

ONLINE SHOP

千葉県木更津市

アクセス

鶏を通した自然と人との共生

養鶏場

POULTRY FARM

鶏を通した自然と人との共生

養鶏場
POULTRY FARM

クルックフィールズでは平飼いで鶏を育てています。日本養鶏の90%以上がケージ飼いとされる中、平飼い鶏舎では鶏たちを地面に放して飼育し、そこに隣接した運動場をつくることで鶏たちが自由に走りまわれる環境を整えています。鶏たちは飼育環境のストレスなどにより仲間の羽食いや尻つつきなどの悪癖をするため、多くの養鶏場では嘴(くちばし)切断処置を実施していますが、クルックフィールズの養鶏場では行っていません。鶏たちは自慢の嘴で好物である生かぼちゃもあっという間に完食します。のびのびと育つ鶏たちの産む卵は生命力ある自然な味わいです。

BACK NEXT
トピック一覧を見る
自然に近い環境で

自然に近い環境で

鶏のこと・卵のこと

鶏たちは自然光が差し込む鶏舎で朝ご飯を食べ、運動場で走り回ったり、時に順位付けの争いをしたり、鶏舎に戻って砂浴びや昼寝をしたりして1日を過ごします。日没後には止まり木と呼ばれる寝床で就寝し、夜明け前には雄鶏が鳴き、また新しい1日を迎え、美味しくて健康な卵を産んでくれるのです。卵の味は鶏が日々食べているものが反映します。米、麦、米糠、カキ殻、おからなどを自家配合したものを給餌しています。また、30haの広大な敷地内に自生する多様な植物を与えています。春から秋の間はそれら緑餌と呼ばれる植物を多給するので色素の関係で黄身の色味が濃くなります。ほかにも、お米が大好きな鶏、麦好きな鶏、野菜好きな鶏など、好みにより黄身の色味が変化します。産み始めの小さなサイズから歳を重ねるにつれて段々大きなサイズになる様々な卵を通して個性ある鶏や季節の移り変わりを感じていただけます。

持続可能な
養鶏について

養鶏における循環について

クルックフィールズの規格外野菜、施設内の野菜クズやジビエ肉の残渣、近隣農家さんから頂くクズ米や米糠やB品野菜なども鶏たちの餌になっています。採卵鶏として卵を産み続け、約2年後に私たちはお肉として命を頂きます。普段、私たちが頂く鶏肉、いわゆる若鶏は生後40~50日でお肉となります。高級地鶏は120~180日。約600〜700日ゆっくり健やかに育った鶏は、ほかでは味わえない旨味と歯ごたえがあります。施設内の店舗でのみ提供している貴重な採卵鶏肉を通して養鶏場を感じながら、ぜひじっくりと味わってみてください。

※時期によってはご提供していない場合もあります。
大口注文の受付に関して

クルックフィールズの卵をご自身のカフェやレストランで使いたい、スイーツの材料にしたいなどのニーズに応えるために、店舗用や業務用のご依頼を受け付けています。大口でのご注文については、以下の内容をわかるように直接メールでお問い合わせください。卵の生産量やお取引の詳細につきましては、お問合せをいただいた方に直接ご連絡させていただきます。

① お名前 ② 会社名 ③ 連絡先
④ 発注量 / 週 ⑤ その他ご質問

メールが届き次第、こちらから折り返しメールを送らせていただきます(2週間以上返事がない場合は直接お電話でお問い合わせください)。

農から広がるものがたり
KURKKU FIELDS STORY

農から広がるものがたり

ある日の KURKKU FIELDS
春の色

正月で増えてしまった体重を落とすため、 たくさん動くように心がけている農場長の伊藤です。

ここからが冬本番という時期なのですが今年は暖かいですね。しっかり冷え込むことで冬野菜は甘く美味しくなるので 農家としては、冬らしい寒さを待っています。 とは言っても、春が待ち遠しいですよね。

みなさん、「春の色」と聞いて何色を思い浮かべますか?

FARM
ある日の KURKKU FIELDS
春の色
ある日の KURKKU FIELDS
誕生日

こんにちは。農場長の伊藤です。先日、長く一緒に働いているスタッフに赤ちゃんが産まれました。新しい命の誕生にスタッフみんな、我が子のように喜び、天使みたいな赤ちゃんの笑顔に癒される日々です。

さて、真夏生まれで、冬の寒さが苦手な私ですがこの季節の「あるもの」が楽しみなんです。

それは、何かと言うと⋯

FARM
ある日の KURKKU FIELDS
誕生日
KURKKU FIELDS REPORT
KURKKU FIELDS 体験レポート(開智望小学校)

茨城県から、開智望小学校の3年生の皆さんがKURKKU FIELDSに来てくれました。

今回実施したのは、環境に優しい農業のあり方や生産者の思いを学ぶ3日間のオリジナルプログラムです。

FARMSUSTAINABILITYEXPERIENCE
KURKKU FIELDS REPORT
KURKKU FIELDS 体験レポート(開智望小学校)
ある日の KURKKU FIELDS
朝露と洗顔

冬が近づき空気が澄んできました。
そんな冬の朝の景色が楽しみな農場長の伊藤です。

さて、みなさん。毎朝目覚めたら、洗顔してますか?

冬になると朝の冷たい水に少しブルブルしてしまいますが、顔を洗うとスイッチが入り、「今日も一日頑張ろう!」という新鮮な気持ちになりますよね。

FARM
ある日の KURKKU FIELDS
朝露と洗顔
ぼくとにわとり
『一羽の命串』開催

こんにちは。養鶏担当の松村洸大です。「一羽の命串、絶対やりましょうよ!」perus のスーシェフとして入社した町田君。9月初旬。クルックフィールズ場内の食材を“知る”研修として、養鶏では2日間濃密な研修をしてもらいました。研修2日目の、食鳥処理場へお肉を引き取りに向かう車中での会話が、今回のはじまりでした。

FARM
ぼくとにわとり
『一羽の命串』開催
KURKKU FIELDS REPORT
ブドウ収穫体験記 〜千葉のワイン生産者を訪ねて〜

こんにちは。マーケットの中村圭です。先日、マーケットでも販売しているワインの作り手、Sawa Wines に KURKKU FIELDS スタッフ10名でブドウ収穫のお手伝いに行ってきました! Sawa Wines は千葉県八街市にあるワイナリーで、2010年からブドウづくりをはじめ、一昨年から醸造も自社で行っています。

MARKETFARMEAT
KURKKU FIELDS REPORT
ブドウ収穫体験記 〜千葉のワイン生産者を訪ねて〜