KURKKUFIELDS クルックフィールズ

ONLINE SHOP

千葉県木更津市

アクセス
インフォメーション

2023年2月16日(木)、「地中図書館」がオープンします。

UPDATE 2023.01.23
インフォメーション
INFORMATION

2023年2月16日(木)、KURKKU FIELDS(クルックフィールズ)内に、中村拓志(NAP 建築設計事務所)氏の設計による新たな施設「地中図書館」がオープンします。KURKKU FIELDS は「育てる・作る・食べる・循環する」といった“ひとが本質的に生きる心地よさと喜び”を感じていただく場所を目指し、約30haという広大な土地を10年前からゆっくりとすこしずつ育ててきました。昨年秋には宿泊施設“創る暮らしを体感するvilla”「cocoon」がオープンし、自然と生物と人の営みにまた新たなかたちが生まれています。

「地中図書館」はその名の通り土の下に、ひっそりと隠されたように存在します。すり鉢状の特徴的な形をした土地の中腹にあって、大地にそびえ立つのではなく、洞窟のように地中に横たわる空間。人々は KURKKU FIELDS をさまよう中で、突如入り口を見つけて大地の中へと潜り込み、思いがけない空間と本に出会うことになります。 土の中の微生物を栄養にして植物や野菜が成長をするように、人々が地中に潜り込んで本を読み、知を蓄え、想像する力を養い、再び大地を踏み締め未来へと進む。「地中図書館」は、自然の叡智を学びながら想像力豊かに未来へと歩を進める人々の支えになるような場所を目指します。

昨年11月に刊行したKURKKU FIELDS Story vol.7には、地中図書館オープンに向けたSPECIAL TALKを収録しています。ぜひご覧いただき、2月のオープンを楽しみにお待ちいただければと思います。

ISSUE No.7/2022. AUTUMN PDF(11.2MB)

※「地中図書館」はKURKKU FIELDS MEMBERSHIPご加入の方のみご利用いただけます。
ほかにも入場の料金がお得になるなど特典もありますのでぜひこの機会にご加入ください。
KURKKU FIELDS MEMBERSHIP登録はこちら

OUTLINE
【名称】地中図書館
【オープン日】2023年 2月16日(木)
【開館時間】12:00 – 17:00
【休館日】火、水
【入館方法】事前予約制(KURKKU FIELDS MEMBERSHIPご加入の方のみご使用いただけます)
【予約開始】2023年2月9日(木)10:00-
【入館料】無料
【蔵書数】約3,000冊(オープン時)

設計:中村 拓志
1974年東京生まれ。1999年明治大学大学院で建築学修士を修めた後、隈研吾建築都市設計事務所を経て 2002年NAP建築設計事務所設立。自然現象や人々のふるまい、心の動きに寄りそう「微視的設計」による、「建築・自然・身体」の有機的関係の構築を信条としている。 受賞歴に日本建築学会賞、ARCASIA Awards for Architecture、JCD デザインアワード 2006, 2013, 2014 大賞ほか。

企画・選書:川上 洋平
選書家、本の魅力を深く見つめることから、人と本の出会いをつくる「book pick orchestra」代表。オリジナル商品「文庫本葉書」や ひとりひとり話を聞きながら即興で本を選ぶ「SAKE TO BOOKS」など、選書に留まらず、さまざまな場所で人が本と出会う体験をデザイン・ 企画している。近年はルクア1100でのポップアップイベント「選書屋さん」、京都岡崎蔦屋書店とのオンライン読書会「ほんとのはなし」、 高松の予約制ライブラリー「kotelo」ディレクションなど。

トピック一覧へ