KURKKU FIELDS

2021.11.02

able for the FUTURE 音楽ライブ“New Art Collective : 03”出演者紹介

出演アーティスト

11/13(土)


RIO

世界を舞台に活動する現在20歳のウクレレ奏者。
これまでにハワイで数々のウクレレコンテストやニューヨークのアポロシアターで1位を獲得。そしてダイナース主催のジャズコンテストにおいては、13歳最年少受賞を果たし、リーリトナー、ブルーノート東京より賞賛される。
バイリンガルな一面を生かし、「TEDxTokyo」をはじめ、「TEDx」の数多くのイベントに出演。現在ハワイのカマカウクレレのエンドースドアーティストである。ハワイでは、数々のコンピレーションアルバムに参加し、”ハワイのグラミー賞”と称される、「ナホクハノハノアワード 」を受賞。ハタチを境に更に飛躍を目指し、2021年、自身初となるファーストアルバムを発表する。4弦から生み出されるRIO独特の無限の表現力で、ジャンルを超え、国境をも飛び越えていく、新次元ウクレレプレイヤーである。

 


小林武史 with 沖祥子 + 福井綾

小林武史(keyboard)
1959年山形県生まれ。音楽家、KURKKU FIELDS総合プロデューサー。日本を代表する音楽プロデューサーであり、持続可能な社会に向けた活動を担う非営利団体〈ap bank〉の設立や、そのコンセプトの実践の場として〈kurkku〉を立ち上げるなど、サステナブルな社会への取り組みにいち早く先鞭をつけてきたプロデューサーでもある。

沖 祥子 (violin)
東京生まれ。東京音楽大学を首席で卒業。在学中より、オーケストラ、室内楽、ソロ演奏で、クラシックを越えた様々なジャンルで活動。ピアノトリオ「クラクラ」のメンバーとして、NHKBS「シネマパラダイス」にレギュラー出演を果たす。これまでに、Mr.Children、MY LITTLE LOVER、レミオロメンをはじめとする数々のアーティストのCD製作に参加。Mr.Children、吉田拓郎、エンヤ、谷村新司、大塚愛、矢沢永吉、相川七瀬、坂本真綾etc.アーティストとのステージ競演も多数。大ヒット映画「世界の中心で愛をさけぶ」では、劇中音楽で全編にわたりソロヴァイオリンを担当。服部克久率いる、東京ポップスオーケストラメンバー。2005年から「ap bank fes」に、小林丈史、櫻井和寿率いるBank Bandのメンバーとして参加。ビッグバンドASA-CGANG&ブルーハッツのメンバーとして、CD,DVDを発売。

童謡の普及活動にも熱心で、「小さな木の実」で知られる大庭照子女史主催のNPO日本国際童謡館の活動として、日本全国の児童、特別学級の児童の向けてのライブ活動を意欲的に行っている。また大庭女史のアルバムでは、全曲にわたり、演奏・編曲をつとめ、高い評価を受けている。自身が主力メンバーである音楽団体「無名風景(アノニマスビュー)」の活動としては、NHK特別番組「樹海」、その他CM等の音楽制作、演奏に関わり、その美しい音と旋律の世界でたくさんのファンを集めている。卓越した感性と美音の持ち主で、聴衆を魅了し続けている。

福井綾 (cello)
東京藝術大学器楽科卒業。第16回長江杯国際音楽コンクール、アンサンブル部門第二位(一位無し)。第14回大阪国際音楽コンクールアンサンブル部門入選。軽井沢国際音楽祭、ボルドー音楽祭、京都フランス音楽アカデミー、リスト音楽院セミナーなどでマスタークラス受講。

オーケストラや室内楽の他、アーティストのサポートやミュージカルなど様々な分野で活躍中。斎藤章一、宮城健、山崎伸子の各氏に師事。アンサンブルMusica Essenceメンバー。東京藝術大学弦楽科研究助手。 photo : Ayane Shindo

 


おお⾬ (おおはた雄⼀+坂本美⾬)

◇◇◇Member◇◇◇

おおはた雄一(Vo.G), 坂本美雨(Vo)

音楽活動に加え、舞台出演、TOKYO FMを始めJFN系列全国ネットのラジオ番組「ディアフレンズ」のパーソナリティや、映画評やエッセイの執筆など、創作の幅を拡げている、坂本美雨。フォークミュージックをルーツとするシンガー・ソングライターで、自身のアルバム制作に加え、映画音楽、楽曲提供など多彩に活動する、おおはた雄一。二人が共演を重ねるうちに、自然とユニットのように息が合い、それぞれ名前の文字からとって「おお雨」と呼ぶようになり、各地でのライヴを中心に活動中。

待望のファーストアルバム「よろこびあうことは」を2020年にリリースした。

おお雨 facebook:https://www.facebook.com/ooame/
おおはた雄一:https://yuichiohata.com
坂本美雨:http://www.miuskmt.com

 

11/14(日)


DJみそしるとMCごはん

「おいしいものは人類の奇跡だ!」をモットーに、トラック、リリック、アートワーク、Music Videoなどを自ら制作し、料理と音楽の新たな楽しみ方を提案する、くいしんぼうヒップホッパー。まぎらわしい名前だけど、1人。

NHK Eテレにて放送されている、“音楽×料理”番組「ごちそんぐDJ」にレギュラー出演中。

好奇心の趣くまま、ジャンルを自由に横断する様は、くいしんぼうの面目躍如。はてさて、今後、どうなることやら。

misosiru.jp

 


OLAibi

モンゴルをルーツに持ち、18歳でドイツに渡り電子音楽や現代音楽に触れる。
その後、太鼓を中心としたマルチアーティストとして活動を始め、
OOIOOのドラマーとして活動後、広大な森に移り住み 年月をかけ森の生物の生態と音を録り続けている。

様々な国、民族の言語を全てカタカナに置き換え、語感と言霊を頼りにリリックを綴り、
そこにドラム、民族楽器、おもちゃのキーボードなどをサンプリングしたビートと、
住う森の音を織り重ねパフォーマンスを行っている。

After many great years as the drummer of OOIOO, OLAibi finally settled deep in the forest to start her new journey – celebrating and capturing the sounds of the forest.

The music of OLAibi is rooted in being indigenous and elegant at the same time, and it is inspired by ethnic ceremonies and dance.

With the ruminative use of KATAKANA lyrics, which are converted words from all over the world, sampling of her own whimsical drumming, sprinkles of tribal instruments and toy keyboard, along with layering of the sounds of the forest one on top another, OLAibi has created the perfect mishmash music.

The resulting album is “Talismam” which means amulet – an object that will bring magical/ miraculous effects. It is OLAibi’s imagined, unique world. There you dance, you sleep, free yourself and just be.

http://olaibi.com/index.html
Instagram:@olaibiolaibi

 

新羅慎二(若旦那)

1976年4月6日生まれ、東京都出身。
2003年に湘南乃風のメンバーとして「若旦那」としてデビューし、11年よりソロ活動をスタート。自身のアーティスト活動の他にも様々なアーティストのプロデュースや詞曲提供を行う。2018年からは本名「新羅慎二」名義で活動。17年には本格的に俳優としての活動をスタート、さらにムコ多糖症候群患者の支援活動や自然災害被災地の支援活動を行っている。また、近年ではテレビ生放送「Japanet presents被爆75周年 長崎から世界へ平和を -稲佐山音楽祭2020-」やデジタルイベント「ART歌舞伎」などの総合プロデュースを務めている。

2021年より、株式会社KSRの取締役会長に就任。エシカルに特化した、Inter FM『循環Radio』や、FM COCOLO『僕らは海峡を渡る』のラジオパーソナリティーも務める。また近年は地球、生態系、社会のつながりをテーマに、自身初の著書『循環』の責任編集を務めるほか、ヴィーガンフード・ナッツミルク専門店「The Nuts Exchange」をプロデュース。音楽の枠にとらわれない幅広いクリエイティブ領域で、活躍中。

 

able for the FUTUREイベントページへ戻る