シフォンケーキ

BLOG

2020.03.14

おうちで美味しく

この週末、卒業式を迎えられる方も多いかと思います。

おめでとうございます。

めでたいとは、愛でたい(メデタイ)つまり、素晴らしい、祝うに値することが甚し(イタシ)いことを指すのだそうです。

愛が甚だしいと書いてめでたいとは、日本語は面白いですね。

ちなみに、ありがとうは、有難う。あるのが難しいこと。「当たり前ではないこと」が感謝の言葉になっています、

当たり前に外出し、好きな人に会うことが有難くなってしまい、気づくこともありますね。

手放しで喜ぶことに罪悪感を覚える方もいらっしゃるかもしれませんが、

愛あればこそ。声を大にしておめでとうと言いたいです。

 

KURKKU FIELDSは、屋外の空間が多いこともあり、先週末から営業を再開しています。

そして、おうちで過ごす時間が多くなる皆様に、何か届けることが出来ないかと考え、

KURKKU FIELDSの食材セットと詰め合わせセットを販売することに致しました。

ピリピリした空気の中で買ったものではなく、すがすがしい風の吹く農場で採れたてのお野菜と卵にパンを。

詰め合わせセットは、ソーセージやチーズにシフォンケーキも入っているので、夕ご飯はちょっとしたごちそうに。

毎日頂ける農場の恵み。少し足を延ばしておうちで美味しくご飯を食べる食材を手に取っていただけたら嬉しいです。

 

経済活動が滞っても、野菜は育つし卵は生まれる。酵母はぷくぷく育っているし、牛のミルクも毎日出ます。

そう。自然はいつだっていつものサイクルを乱しません。

一次産業は、そのサイクルに寄り添う仕事。経済活動に振り回されてばかりではいられないのです。

 

とはいえ、出来たものが売れていくことはとても大切なこと。

先週の休園の際、余ってしまう卵のレスキューのSOSを呼び掛けたところ、1000個近い卵があっという間に救ってもらえました。

相手にありがとうと言える距離の物の流れが生まれたこと。たくさんの人に支えてもらっていることが目に見えたこと。

これは、これから先の私たちの仕事にもきっと役に立つ経験だと思います。

 

直接顔を見て有難うと言える日を楽しみにしています。

今週末も、丘の上のシフォンケーキ屋さんで(マスクして)お待ちしています。

皆様、良い週末を。